コズミック・ビュー(平面版)

私たちが日常生活で歩き回る距離は、せいぜい数キロメートル、つまり数千メートル程度でしょう。 私たちの知ることのできる宇宙の大きさは、1026メートル、つまり1の後ろに0が26個つながる数値以上あります。
地球を飛び出し、この広大な宇宙のスケールを見る旅に出ましょう。


※)この映像は、国立天文台と共同研究者であるコニカミノルタプラネタリウム(株)、(株)五藤光学研究所が共同で制作したドーム投影用番組の「コズミック・ビュー」を、平面用に変換した映像です。 これらの番組のドーム投影用映像の優先配給権は、コニカミノルタプラネタリウム、五藤光学研究所が有しています。

東京の三鷹市上空から旅はスタートします。市街地の主だった地形などは104メートル = 10kmほどのスケールになります。
数字の10kmは、枠線が中心から10kmづつ離れていることをあらわしているため、立方体の一辺は20kmになります。
地球全体は、距離107メートル = 1万キロメートルの枠の中にすっぽり納まります。(地球の半径は約6千500キロメートルです)
距離1011メートル = 1億キロメートルの枠の中には、金星や火星の軌道が一部かかっています。太陽系でもっとも遠い惑星である海王星の軌道は、1013メートル = 100億キロメートルの枠に収まります。
宇宙望遠鏡を使って直接星の地図が作られているのは、数1019メートル = 数千京(けい)キロメートル程の領域です。これより先の銀河系内の星々の分布は、間接的にわかっている大雑把な姿になります。
星座の星々の世界を抜けて、私たちの太陽系のある銀河系の見えるスケールまできました。銀河系は、数1020メートル=数垓(がい)キロメートルほどの大きさです。
銀河団の連なりである、宇宙の大規模構造が見えるスケールは、数1025メートル = 数十■(じょ)キロメートルのスケールです。観測のすんだ領域だけを表示しているために扇状に見えますが、実際にはこのような構造が宇宙全体に広がっています。(■は禾へんに予)

640x480, Flash Video 形式ストリーミング

Click Here (注:音声付き映像です。10分39秒)

320x240, Flash Video 形式ストリーミング(150kbps)

Click Here (低速な回線用に解像度を落としたものです)

映像化の詳細

この映像は主にMitakaの出力を用いて製作されたものです。

クレジット

  • (c) NAOJ 4D2U Project
この映像作品は文部科学省科学技術振興調整費産学官共同研究の効果的な推進プログラム実施課題 「4次元デジタル宇宙映像配給システムの構築」 の一環として製作されたものです。
クレジット詳細は映像内のクレジットを参照ください。

リリース情報

  • 2007.11 平面用映像ストリーミング配信開始