ダウンロード:プログラム

4次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka"(ミタカ)

Mitaka(ミタカ)は、太陽系・恒星・銀河データを基にした「4次元デジタル宇宙ビューワー」です。地球から宇宙の大規模構造までを自由に移動して、天文学の様々な観測データや理論的モデルを見ることができます。(Mitakaの動作にはWindows 8.1 / 8 / 7 / Vista / XP 対応のPCが必要です。)

解説とダウンロード

多体シミュレーション可視化ツール "Zindaiji"(ジンダイジ)

Zindaiji(ジンダイジ)は、天文学で行われる大規模な多体シミュレーションを可視化するためのソフトウェアです。GUIインタフェースを用いて、計算結果を任意の視点からリアルタイム表示したり、シアターなどで上映するための高品質なムービーを制作することができます。

解説とダウンロード

ボリュームデータ可視化ツール "Oosawa"(オオサワ)

Oosawa(オオサワ)は、時系列ボリュームデータをPov-RayによってレイトレーシングするためのGUIフロントエンドツールです。等値面の閾値やスライス面などに対してタイムラインを用いた編集を行なえます。

解説とダウンロード

成果物のソース公開

"Mitaka", "Zindaiji"等、4次元デジタル宇宙プロジェクト成果物ソースコードを、以下のページで公開しています。

解説とダウンロード