過去のお知らせ(2017)

2017年/2016年/2015年/2014年

宇宙カルチャーパーティ
〜宇宙カルチャー推進協会 就航記念ライブ〜

東京カルチャーカルチャー(東京都渋谷)で行われるイベント「宇宙カルチャーパーティ」にて,Mitaka smartphone VR がブース出展されます.Mitaka smartphone VR は,スマートフォンと Google Cardboard を使った簡易な VR システムで宇宙旅行を楽しむことができるアプリです.まだ開発中ですが,こちらのイベントで一足はやく体験することができます.ぜひお試しください.

■東京カルチャーパーティ 〜宇宙カルチャー推進協会 就航記念ライブ〜
会場:東京カルチャーカルチャー アクセス
出演:山崎直子 (宇宙飛行士) ,縣 秀彦 (国立天文台 准教授) ,黒田有彩 (宇宙飛行士を目指すタレント) ,新井総 (宇宙カルチャー推進協会 会長) ,田口智之 (宇宙カルチャー推進協会 理事)ほか
チケット:前売り2980円(要1オーダー アルコール550円〜,ソフトドリンク480円~),当日500円増
主催:宇宙カルチャー推進協会
詳細web:http://tcc.nifty.com/event/general/19763

Mitaka for VR リリース

昨年,国立天文台各所の特別公開日や,イベント等で実施したヴァーチャルリアリティ(VR)で宇宙を体験する Mitaka VR.この VR 用に開発された 4 次元デジタル宇宙ビューワー "Mitaka for VR" の正式版がいよいよリリースとなりました.ヘッドマウントディスプレイを使うことで,目の前だけではない,頭上や背後,足元にまで広がる全方向の宇宙を見渡すことができます.さらに位置トラッキングにより,目の前に浮かぶ惑星や探査機などを,ユーザーが姿勢を変えて好きな方向から観察することができるようになりました.

また,特別公開日・イベント等で使用した Oculus Rift 製品版(CV1)に加え,HTC Vive の VR-HMD に対応しました.HTC Vive では,最大 3 m ☓ 4 m の範囲を歩き回りながら VR 体験が可能です.Mitaka の描き出す宇宙を,ぜひ自分の足で歩いて移動しながら楽しんでみて下さい.さらに,Oculus Touch や Vive コントローラを使って直感的に操作が可能となりました.それぞれのコントローラは VR 空間中に表示されるので,自分が VR 空間中にいるような臨場感を感じることができます.

Mitaka for VR は,通常版の Mitaka (ver 1.3.2) のフォルダに VR 版の差分をコピーして使用をします.通常版 Mitaka のすべての機能を Mitaka for VR でもお楽しみいただくことができます.Mitaka for VR は以下よりダウンロードしてご利用下さい.動作環境についても以下のサイトを参照下さい.

Mitaka ダウンロードサイト
※Mitaka for VR の対象年齢:13歳以上

SPACE SHOWER TV "Suchmostyle"

バンド Suchmos のメンバーによる国立天文台見学ツアーの模様が,以下の番組で放送されます.後編では,Suchmos のみなさんが4D2Uドームシアターで立体映像を体験します.ぜひご覧ください.

SPACE SHOWER TV "Suchmostyle" 国立天文台 三鷹キャンパス見学ツアー
前編:2017/2/17(金)24:00-24:15
  (再放送:2/20(月)22:15-22:30,2/22(水)24:15-24:30)
後編:2017/2/24(金)24:00-24:15
  (再放送:2/27(月)22:15-22:30,3/1(水)24:15-24:30)

4D2Uドームシアター アストロノマー・トーク
「月の形成」

2017年3月11日(土)の4D2Uドームシアターの定例公開では,4D2Uで可視化したシミュレーションデータを使った研究に携わる研究者がミニ講演と映像解説をする「アストロノマー・トーク」が行われます.この回では国立天文台 天文情報センターの武田隆顕さんが4D2Uコンテンツ「つきの形成」を解説しながら,映像のもととなった研究についてお話します.普段の4D2Uドームシアター定例公開よりも一歩踏み込んだ,最新の天文学のお話をどうぞお楽しみ下さい.

■アストロノマー・トーク「月の形成」
講演者:武田隆顕さん(国立天文台 天文情報センター 広報普及員)
内容:地球以外の惑星とその衛星の大きさを比較すると,地球の衛星として月のサイズは大きすぎます.このような月はいつ,どのようにして誕生したのでしょうか.月の成り立ちについて有力とされる,巨大衝突説(ジャイアントインパクト説)によるシミュレーションを紹介します.

日時:2017年3月11日(土)13:30より順次観覧
会場:4D2Uドームシアター(国立天文台 三鷹キャンパス)
定員:先着120名(40名入れ替え制)
上映時間:1回約1時間(入れ替えの時間を含む)
申込受付:2017年2月14日 正午より受付開始
申込・詳細:「国立天文台三鷹キャンパス 4D2Uドームシアター 公開のご案内」>「定例公開」をよくお読みになりお申込下さい.


NHK コズミックフロント☆NEXT「惑星誕生のミステリー 1%の奇跡」

NHK BSプレミアムで放送の番組「コズミックフロント☆NEXT」に,4D2Uプロジェクトリーダーの小久保英一郎教授が出演,惑星の形成についてお話を致します.どうぞご覧ください.

NHK BSプレミアム  コズミックフロント☆NEXT
「惑星誕生のミステリー 1%の奇跡」

放送日時:2017年1月26日(木)22:00-
再放送:2017年2月2日(木)0:00- (2月1日深夜)

BSフジ ガリレオX

1月8日放送のテレビ番組「ガリレオX」にて,4D2Uプロジェクトリーダーの小久保英一郎教授が出演します.Mitakaを使って宇宙の構造などについてお話をします.ぜひご覧ください.

BSフジ ガリレオX 第140回「地球を測る。宇宙を知る。天文学の原点」
放送日時:2017年1月8日(日) 11:30-12:00
再放送:2017年1月15日(日)11:30-12:00

Vector 執筆者が選ぶ2016年ベストオンラインソフト

オンラインソフトウェア流通サイトVectorにて「執筆者が選ぶ2016年ベストオンラインソフト」としてMitakaが紹介されました.詳細は以下を御覧ください.

Vector:執筆者が選ぶ2016年ベストオンラインソフト
[Mitaka]身近な星空からはるか銀河系外まで自在に楽しめる四次元宇宙体験ソフト

電気学会誌 Vol.137 (2017) No.1 に紹介記事掲載

2017年1月1日に発行・公開された電気学会誌 Vol.137 (2017) No.1の「十見百聞」にて,4D2Uドームシアターの紹介記事が掲載されています.ぜひご一読ください.

電気学会誌 Vol.137 (2017) No.1 Vol.137 (2017) No.1
「宇宙の神秘をコンピュータないに再現
―― 国立天文台・4次元デジタル宇宙ドームシアターを訪ねて ――」
井口翼,村山雄太,佐藤慶介