Mitaka
English

4D2U プロジェクト
国立天文台

プラネタリウム・モード

天体に着陸しているときには、その天体から見た空が表示されます。
この状態を「プラネタリウムモード」と呼びます。

基本的な操作

カーソルキーか、マウスの左ボタンを押すと、視点を動かすことが出来ます。
キーボードの「3」「4」で、時間を進めたり戻したりすることが出来ます
メニューから「離陸・着陸」を選ぶかキーボードの「S」を押すことで、 「宇宙空間モード」に移行して宇宙空間へ出ていくことができます。

そのほかの操作

このほか、星座線を表示したり、天の川の表示方法を変えたりすることができます。 詳しいことは、付属のマニュアル(mitaka_manual_J.pdf)をご覧ください。

現在工事中です。ご迷惑をおかけしております。