Mitaka
English

4D2U プロジェクト
国立天文台

その他の機能

ほかにも、以下のようなことができます。

画像を保存する

メニューバーの「ファイル」-「画像を保存」を選ぶことで、 今表示されている画面をファイルに保存することができます。 ファイル名や保存形式は 表示されるダイアログボックスで指定してください。 保存できるファイル形式は、 JPEG (*.jpg)、PNG (*.png)、ビットマップ (*.bmp) の3種類です。

使用しているグラフィックカードが、OpenGL の「フレームバッファオブジェクト」(FBO)に 対応している場合には、 メニューバーの「ファイル」-「任意のサイズで画像を保存」を選ぶことで、 好きなサイズで Mitaka の画面を保存できます。

また、キーボードの C キー を押すことで画面をキャプチャすることもできます。 この場合、ファイル形式は PNG 、 ファイル名は「capture.png」 で固定になります。 さらに SHIFT + C キーを押せば、 全方向をキャプチャしてキューブマップ形式の 6つの画像ファイル(capture_posx.png など) として出力することもできます。

キーボードの CTRL + C キー を押すと、現在表示されている画面がクリップボードに コピーされます。ワードやパワーポイントなどほかのアプリケーションで ペースト(CTRL + V)することで画像を貼り付ることができます。

さらに簡易版の連番画像出力機能も備えています。 詳しくはマニュアルをご覧ください。

全画面表示にする

ALT + ENTER キーを押すことで、 全画面表示にすることができます。 元のウィンドウ表示に戻すには、 もう一度 ALT + ENTER キーを押すか、 ESC キーを押してください。

アナグリフ方式の立体視をする

Mitaka は、アナグリフ方式の立体視に対応しています。

左目用に赤、右目用にシアン(水色)のセロファンを使用した 「赤青メガネ」を用意することで、 立体視することができます。 (赤青メガネは、数百円程度で市販されています。)

アナグリフ方式の立体視をするには、 メニューバーの「設定」-「表示方式」 から選択してください。 一度モノクロ化する方式(アナグリフ(モノクロ))と、 色情報を残す方式(アナグリフ(カラー)) から選べます。 モノクロ・アナグリフの場合、モノクロ化する手間があるため、 実行速度は遅くなります。 カラー・アナグリフの場合、 少し高速ですが、 セロファンの色に近いもの (赤や水色)は立体視がしづらくなります。

アナグリフ表示

左右分割方式または上下分割方式の立体視をする

Mitaka は、左右分割方式または上下分割方式の立体視にも対応しています。 これらの立体視方式に対応する立体視テレビとPCをHDMIケーブルなどで接続することで、 Mitakaの画面を立体視することが出来ます。

この方式の立体視をするには、メニューバーの「設定」-「表示方式」から 「左右分割」または「上下分割」を選択し、続いて ALT + ENTER キーを押して 全画面表示にしてください。 立体視テレビ側の立体視モードも適切に設定してください。

左右分割方式の立体視モード

ドームマスター(魚眼投影)表示をする

Mitakaは、ドームマスター形式での表示にも対応しています。 魚眼レンズを用いてドームにMitakaの映像を投影することができます。 また、パラメータを設定することで、ドーム中心以外の場所からでも歪みを補正して投影することが可能です。

この方式の表示をするには、メニューバーの「設定」-「表示方式」から「ドームマスター」を選択してください。

ドームマスター表示モード

地上で太陽や月、惑星を追尾する

プラネタリウムモードで地球の地上にいるときは、ターゲットメニューの「地上モードのターゲット」から選択することで、太陽や月、惑星を追尾しながら時間を進めることができます。追尾をやめて通常の視線移動モードにするには、「地上モードのターゲット」で「なし」を選択してください。

地上で日食や月食を見る

プラネタリウムモードでは、日食や月食を再現して見る事ができます(地球の地上のみ)。

プリセットメニュー(以下参照)には2016年3月9日の日食を再現するものが2つ入っています(東京から見た部分日食とインドネシア・テルナテ島から見た皆既日食)。これらを選択すれば、時間を進めるだけで日食が進行していく様子を観察することができます。

これらのプリセットでは、太陽をターゲットとして追尾します。 日食を見終わったら、ターゲットメニューの「地上モードのターゲット」から「なし」を選択して、自由に視線を変えられるようにしてください。

皆既日食 部分日食 皆既月食

日食・月食のほか、明るい空の中の月も見ることができます。 また、水星・金星の太陽面通過の様子も見ることができます。

明るい空の中の月 金星の太陽面通過

スクリーンメニューを使う

Mitaka の操作は、マウスとウィンドウのメニューバーで おこなうことができますが、 スクリーン上に表示されるメニューを 使うこともできます。 主にシアターなどでの上映や、 全画面表示モードにした場合などに 使用します。
操作には、キーボードやゲーム機用コントローラが使用できます。

スクリーンメニュー

3Dチャート

スクリーンメニューから、「3Dチャート」を呼び出して 見ることができます。
3Dチャートは、説明用の3次元的な模式図で、 現在、惑星の一覧など3つのチャートが入っています。

3Dチャート

実時間モード

メニューの時刻の設定から、「実時間モード」を選ぶことで、 Mitaka を常に現在の時刻に同期させて表示させることもできます。

プリセット機能

プリセット機能は、ターゲットや時刻、視線の向き、スケール、時間の刻みなどを一括して変えるショートカットです。メニューから選ぶことで、探査機のイベントなどを簡単に再現して見る事ができます。

あかつきの金星周回軌道投入

多言語に対応

文字列定義をユニコード形式(UTF-8)でテキストファイルに記述することで、任意の言語で文字表示ができます。 標準では、日本語、日本語(ルビあり)、英語、フランス語、スペイン語、イタリア語、インドネシア語、ポルトガル語、タイ語、中国語(簡体字・繁体字)の 表示ができます(9か国語・11種類)。

フランス語表示 スペイン語表示 イタリア語表示
インドネシア語表示 ポルトガル語表示 タイ語表示

番組やスクリーンメニューのカスタマイズ

上映用に使用する「番組」や、スクリーンに表示されるメニューなどを ユーザーがカスタマイズすることができます。

複数台の PC を用いた同期上映機能

複数台の PC で Mitaka を起動して、 TCP/IP ネットワークを使って通信し、 同期を取って Mitaka を動かすことができます。

例えば、視点が目の幅だけずれた設定で 2台の PC 上で Mitaka を動作させて、 それぞれの映像をスクリーンに投影し、 それを偏光フィルタとメガネなどを使って 分離して見るようにすれば、 立体視投影もできます。 国立天文台のシアターや、移動式のシアター、 そのほかの科学館などでの立体視上映では、 このような同期上映モードで動いています。

また、動画・静止画を同期再生する機能もあります。

くわしくは、PDF版のマニュアルをご覧ください。