Mitaka
English

4D2U プロジェクト
国立天文台

よくある質問 (FAQ)

起動・設定

Q) 「mitaka.exe」のファイルがありません

A) Windowsのエクスプローラの設定で「登録されている拡張子は表示しない」の設定がオンになっていると、 実際のファイル名が「mitaka.exe」でも「mitaka」と表示されます。 Mitakaを起動するには、銀河のアイコンのファイル(もしくは「種類」が「アプリケーション」のファイル)をダブルクリックしてください。 「登録されている拡張子は表示しない」設定をオフにすれば、 拡張子まで含めて「mitaka.exe」と表示されるようになります。

「登録されている拡張子は表示しない」の設定画面は、 Windows 7 の場合は「整理」メニュー→「フォルダーと検索のオプション」→「表示」タブ、 Windows 8 の場合は、「表示」メニュー→「オプション」→「表示」タブ から開くことができます。

Q) Mitaka の設定方法を教えてください

A) Mitaka の全般的な設定は、mitaka.ini ファイルに記述されています。 このファイルの内容を書き換えることで、 Mitaka の設定を変えることができます。 このファイルは、普通のテキストファイルなので、 編集をするには「メモ帳」などのテキストエディタを使用してください。 設定方法の詳細は、付属の PDF マニュアルをご覧ください。

Q) 起動できません

A) まず、ZIP ファイルの中身が階層構造も含めてすべて正常に展開されているかご確認ください。

ファイルに問題が無い場合、もし32ビット版WindowsやWindows XPをお使いの場合は、 mitaka.exe ではなく mitaka32_VC.exe を起動してください。

上記で解決しない場合、グラフィック用のメモリが不足している可能性があります。 mitaka.ini ファイルの中の、 [Performance] セクションの TextureReduction の値を設定すれば、 テクスチャの解像度を落として、使用するグラフィック用メモリの量を減らすことができます。 試してみてください。

この設定をするには、mitaka.ini ファイル内の [Performance] セクション以下の行

TextureReduction = 1
を、例えば次のように書き換えてください。
TextureReduction = 2
テクスチャの画像サイズは、ここで設定した値で割ったサイズに縮小されます。 この例では、縦・横半分の大きさのテクスチャとして読み込まれます。

Q) 32ビット版のWindowsとMitaka(mitaka32_VC.exe)使用時に地形データを入れると起動しません/正常に動作しません

A) アプリケーションで使用できるメモリ上限(2GB)に達してしまうため、すべての地形データを同時に使用することはできません。 使用する地形データを減らしてください。

※ Windowsのシステムファイルのboot.iniで「3GBスイッチ」を有効にすると、アプリケーションで使用できるメモリを3GBまで 増やすことができます。これにより正常に動作する場合があります。ただし、このファイルの編集を適切に行わないと、場合によりシステムが 起動しなくなる場合もありますので、十分に理解をした方が自己責任においてお試しください。

Q) 動作を軽くするには、どうすればいいですか?

A) テクスチャの解像度を落とす(上の回答を参照)、 天の川の表示をしない、星の表示を暗くする、 などを PDF マニュアルを参考にして 試してみてください。 また、地球や火星が見えている状態では、 大気の表示を切ることでも、速度は向上します。 SDSS の銀河の表示が遅い場合は、mitaka.ini ファイルの [Performance] セクションの DistantGalaxyThinning を 1 以上の 値に設定してみてください。

Q) ノート PC で使いたいのですが

A) バージョン 1.2.0 以降の使用をお奨めします。 また、mitaka.ini ファイルの [Performance] セクションで

TextureReduction = 2
DistantGalaxyThinning = 6
などとしてみてください。 参考までに、Pentium M (1.2 GHz) 搭載のノートPC (Windows XP, グラフィックアクセラレータは チップセット内蔵 Intel 82852/82855 GM/GME) の場合、バージョン 1.0.1 で上記の設定をすることで、 全体的に 7-10 fps 程度で動作します (銀河系付近のみ 4 fps 程度)。

Q) 設定ファイルを記述しても反映されません

A) Windowsのエクスプローラの設定で「登録されている拡張子は表示しない」の設定がオンになっていると、 表示上のファイル名と実際のファイル名が異なる場合があります。 例えば、新規に "servers.dat" の設定ファイルをテキストエディタで作成した場合、 表示上のファイル名が "servers.dat" でも実際には "servers.dat.txt" となっている場合があります。 「登録されている拡張子は表示しない」の設定をオフにしてからファイル名を修正するなどしてください。

(設定をオフにするやりかたは、「Q) 「Mitaka.exe」のファイルがありません」の項を参照。)

Q) Windows Vista/7 でムービーが表示されません

A) Windows Vista/7 でMitakaを最大化した場合や、ネットワークモードで使用している場合などに、 ムービーを呼び出しても表示されないケースがあることを確認しています。 以下のいずれかの対処法で表示される場合がありますので、お試しください。

(1)デスクトップコンポジションをオフにする

mitaka.exe を右クリックして「プロパティ」を開き、「互換性」タブの「設定」の中で 「デスクトップコンポジションを無効にする」をチェックしてください。 (グラフィックカードのドライバによっては、正常に動作しないことがあります。)

(2)ネットワークモードで、ウィンドウのサイズを画面いっぱいにしない

iniファイルのウィンドウのサイズ設定(Windowセクション)で、 サイズを画面いっぱいでなく、少し小さめに設定します。 たとえば、1600x1200 の画面サイズの場合、以下のようにします。

[Window]
WinX		= 0
WinY		= 0
WinW		= 1598
WinH		= 1200
MgnW		= 1
MgnH		= 0

Q) Windows Vista での動作が遅いです

A) もし、十分に高性能なグラフィックカードを使用しているのに 動作が遅い場合は、Vista にはじめから入っているドライバではなく、 NVIDIA や ATI などのベンダで配布している最新のドライバを 使ってみてください。Vista にはじめから入っているドライバでは、 OpenGL の描画が極端に遅くなることがあります。

また、「デスクトップコンポジション」をオフにすれば描画速度が向上することがあります。 上記の「(1)デスクトップコンポジションをオフにする」を参考にして設定してください。

Q) 任意サイズで画像を保存する機能が使えないようです

A) この機能にはOpenGLのフレームバッファオブジェクト(FBO)とい機能を使用します。 この機能に対応していないコンピュータではメニュー項目がグレーになり、使用できません。

Q) 実行ファイルの mitaka.exe と mitaka32_VC.exe の違いは何ですか?

A) 実行ファイルの生成に使用したコンパイラと64ビット版、32ビット版の違いです。 mitaka.exe は Intel 製のコンパイラでコンパイルした64ビット版のMitakaです。 mitaka32_VC.exe は Microsoft 製のコンパイラでコンパイルした32ビット版のMitakaで、 32ビット版Windowsでも実行できます。 多くの場合、mitaka.exe のほうが高速に動作しますので、 通常はこちらをご使用ください。mitaka.exe がうまく動作しない場合などに mitaka32_VC.exe を使用してみてください。

操作について

Q) ズームイン・ズームアウト時のマウスの右ドラッグの方向を反転したいのですが

A) mitaka.ini ファイルの [Mouse] セクションの ZoomReverse の値を 1 に設定してください。

プラネタリウムモード

Q) 三鷹以外の場所からの星空が見られますか?

A) 見られます。 一度、離陸をして宇宙空間モードに移動してから、 星空を見たい地点に着陸してください。 プラネタリウム・モードで見える空は、 その場所からの空になります。

Q) 最初にいる場所の位置と地名を変えるにはどうすればいいですか?

A) programs サブフォルダの中の location.dat というテキストファイルを編集してください。 (v1.4.0 から location.dat のファイルの場所が変わりました。) キー「LONGITUDE」には東経、キー「LATITUDE」には北緯をそれぞれ設定し、 キー「NAME」にはその地名を設定します。 設定方法の詳細は、PDF マニュアルの5.7節をご覧ください。

なお、Lon と Lat は、度を単位として設定します。 度・分(角)・秒(角)の表記からは、 1分角が 1/60 度、1秒角は 1/3600 度であることを使用して換算してください。

その他

Q) なぜ ``Mitaka'' という名前が付いているのですか?

A) 国立天文台の本部(三鷹キャンパス)が、東京都三鷹市にあることに 関係して、この名前が付けられました。

Q) Mac 版の予定はありますか?

A) 検討中です。
なお 派生版には対応しているものもあります。